いったい廃車した車はどうなる?

いったい廃車した車はどうなる?

車はあれだけ大きな車体と細かい部品から生み出されているわけですが、廃車されるとそれはどうなってしまうのでしょうか。

 

自動車を廃車にすることは個人にとってはただ捨てるだけのものですが、業者にとってはそれなりに大きな意味を持つこととなります。
車は致命的な欠陥を抱えたとしてもその制御系のシステムや各種部品には使える部分が十分に存在してしまいます。

 

これは車を解体することによって初めて出てくる部品的な価値であり、これを有効に活用できるかどうかがこの業種の一番の目的となります。

 

車を下取りしたりしてわざわざお金を払うのはそれなりに車というのは部分的な部品でも価値があると考えてよいのです。

 

個人的には廃車を行うことによってその後の車がどうなるかということはあまり関係ないのですが、実際に、廃車の車というのが問題にあがることもままあるのです。

 

おれが不法投棄や密輸による車の放棄です。
たまにナンバーの無い車が道端に止められていたり、きちんとした手続きを行わずに廃車をしてそれを海外に運び出すということもいまだ行われているという現状があるわけなのです。